粕谷淳司准教授が中部建築賞を受賞しました!

粕谷淳司准教授が中部建築賞を受賞されました。この賞は中部圏域の地域社会の発展に寄与し、かつ「持続可能な社会」を目指した作品を賞するものとして、今回で52回目という歴史をもつものです。受賞された作品は「八ヶ岳の山荘」です。審査員評は「小さな巨人的エネルギーに圧倒された」という言葉で結ばれていました。(写真:吉村昌也)



最新記事

すべて表示

2022.7.8(金) 2022年7月8日 金曜日、「デザインスタジオⅠ」の第12回の授業がありました。 荒川さん:100ⅿ×100ⅿのグリッドに道を配置。敷地内に中心を北東にずらしたつぼ型地形にする。 主要道路は円形状とし、建築は中心を敷地の中点から北東にずらす。建築の中に道路が貫通するように配置しする。 〈講評〉敷地全体の断面図を描き、地形を理解する。 1haにどれほどの産物ができるのか、農業